ガダラの豚

という小説を読み終えました。

3巻にもなる長編でしたが、

面白かったです(^-^)

僕は普段新しい作家さんは読まない(あまり知らない)のですが、

今回は最後まで楽しめました。

この小説に馬飼という男が出てきますが、

ただの一読者である僕も

馬飼の言う通りになってしまってるのに気付いて

ちょっと怖オモロかったです(^-^)

この作者の小説
また読んでみよっかな〜

広告を非表示にする